驚きの川幅うどんの太さとは 埼玉ブルース第三十九回

シェアする

誰が言ったか知らないが、訪ねてみれば確かに感じる魅力のご当地をさすらう「埼玉ブルース」。

我らが埼玉県のみならず、全国的な知名度を誇る鴻巣市のひな人形。今なお脈々と
受け継がれ続ける伝統文化に触れたあとは、やっぱり地元グルメも味わってみたいんです!
ということで、

1

先週訪ねた「ひなの里」のおひな様に別れを告げて歩くこと約5分、お邪魔したのは
県道57号線沿いにあるめん工房 久良一さん。石臼挽きの粉による手打ち麺とこだわりの
天然だしが自慢の、地元では知らぬ者なしという超有名店です。

数ある人形店をはじめ、さまざまな商店が活気を見せるこの界隈でも目を引く外観は、
昔ながらの日本家屋そのもの。これは大変期待できそう!

2 3

早速伺ったお店の中は、そのわびさびのきいた店構えにふさわしい風格を漂わせつつ、
どこか懐かしい印象も。店名の語感からも連想される蔵のような造りの
高い天井と採光窓もあいまって、とても開放的で明るい雰囲気。

まさに老舗の佇まいですが、なんと意外にも創業は平成に入ってから、
当代のご主人がすべて一からはじめられたというからオドロキです。

4 5

そんな木目調の一画には、ここ鴻巣の地元グルメとして知られる「川幅うどん」の提灯も。

実は、こちらの久良一さんこそ、この川幅うどんを考案した人呼んで
鴻巣グルメのパイオニア。そのおいしさは、県内外を問わず人気を
集めるだけでなく、数多くの芸能人が足繁く通い詰めるほど。

6 7

数多くのファンを引きつける人気の秘訣は、ここ周辺では珍しいという関西風の澄んだだし。
そして、ずばり!何と言っても、この手打ちの麺を抜きには語れないでしょう!

毎日朝と晩の二回にわたって、ご主人自ら仕込みをしているとのことで、
ご無理を言って作り方を見せて頂いちゃいました。

畳んで、伸ばしてと、ここまでの作り方は、通常のうどんと
変わらないように見えますが……

8

!? 普通のうどんとは、やっぱりどこか違うような!?

その違いを探るには、ぜひとも食べてみなくては! 早速注文をお願いし、
「一体どんなものが出てくるのか?」と胸を高鳴らせ、かつお腹を空かせながら
待っていると……

9

お待たせしました~」と、女将さんの朗らかな声とともに運ばれて来たうどんは、
なんとも彩り豊かでとってもおいしそう!

ここ久良一さんで提供している「川幅うどん」は、全部で3種類(20153月現在)。

取材に伺ったこの日は小春日和だったため、その中から冷製をチョイス。
すこし覗き込むだけで鼻をくすぐるだしとレモンの香りが非常に食欲をそそります。

これまで数々の胃袋を鷲掴みにしてきたはずの、ここ鴻巣きってのご当地グルメ
とはいえ、特に変わったところは見受けられないのだが……
そう思いながら、やや訝りつつ、麺を持ち上げてみると、

10

ななななななんと!和食の王道であるうどんの概念を覆すまさかの
極太麺がお目見え!

いや、極太ではなく、これはワイド麺というべきなのか!?
その幅なんと約8cm

通常では讃岐うどんが約3mm、一般に「太い」といわれる伊勢うどんの
1cmから見ても、ざっと8倍以上の幅の広さ。こちらの麺は長さもあるため、
こうしておはしで持ち上げたさまは、さながら荒川の壮大な流れのよう。

おはしを手にしたまま、思わず立ち上がってしまうほど果ての見えない長さ。
しかし、こんな暴挙に出ても破れたりしないのは、ひとえにご主人の腕のなせる業。

開発の当初には途中でちぎれたり穴が開いてしまっていたものに、
たゆまぬひらめきと努力を凝らすことで、こうして食感とインパクトを
兼ね備えたうどんを実現したのだとか。

提供画像

そもそも川幅うどんとは、その名前のとおりに「川の幅」にちなんだうどん。

先週からのおさらいになりますが、ここ鴻巣市と吉見町の間を流れる荒川の川幅は2,537mで、
全国一。ここを跨がる御成橋のたもとには、日本最長であることを記念した
標も建てられています。

この事実をさらにアピールしようという働きかけを受け、ご主人によって
試行錯誤が繰り返されること3週間。いろいろな方に試食をしてもらい、
改良を重ねて、見事にお墨付きを得たことから川幅うどんの歴史が幕を開けました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする