埼玉レポート「たまレポっ!」第1回 あなたは丸顔派?イケメン派?

さいたまさいたまぁ!

えー皆さん

お久しぶりでっす。

埼玉県を放浪するダメライター・あるかでぃあデス。(=゚ω゚)ノ

昨年まで県内をてくてくと歩き回り、街の名所やおもしろスポットを紹介して参りました。

あれから色々とあーだこーだとなんやかんやですったもんだもあり、じゃあ

そろそろ埼玉のイベントなんかも紹介しちゃおうか!

というコトになりまして♪

今年も元気に埼玉を飛び回りますよ!

スーパーアリーナいってみる?

……と、

威勢よく言ってみたものの。

さて、どこを紹介しようか。

自慢の埼玉データベース

でちゃちゃちゃっと検索し、面白そうなイベントを探してみると、

おー結構あるじゃないですか。

そういえば、さいたまスーパーアリーナとか大きなイベントがたくさんありそうだよね!

ってことで調べてみたところ、どうやらひな人形の展示会なんてのが開催される様子。

ひな人形といえば、女の子のお子さんを持つ家庭なら必ず買い揃えるもの。

こればかりは時代が変わっても変わらない伝統文化ですね。

最近のひな人形ってやっぱりチャパツだったりジャ○ーズばりのイケメンだったりするんでしょうか。

ちょっと気になります。

というわけで、

ひな人形大展示会にズガガガッっと突撃してみました!

真剣勝負のひな人形展示会

さいたまスーパーアリーナでひな人形大展示会

が催されたのは1月24日から26日。

広くてモダンなさいたま新都心駅

を降りて北へ進むと、5分少々で会場に着きました。

突撃したのが展示会初日の平日だったのでお客さんは少なめでしたが、それでも次々に来場者があります。

来場されている方々の多くはご年配。

なるほど~お孫さんへのプレゼントってわけですね。

さっそく面白そうなひな人形はないか

と探しつつ、主催されている関係者の方から

色々と情報を集めてみました♪

このひな人形大展示会は今年で14回を数え、さいたまスーパーアリーナができた年から毎年行われているとのこと。

展示会に出展している企業は10社程度あり、全国的に見てもこれだけの企業が出展するひな人形展は珍しく、日本最大級の規模なのだそうです。

入場者数も1日平均1000組ほどあり、休日ともなればかなりの盛況ぶりだとか。

たしかに、孫を連れてひな人形を品定めしているおじいちゃんやおばあちゃんの目が怖いくらいに真剣です。

最近の売れ筋はコンパクトな内裏雛のみのものや3段飾りだとか。

特に台座の部分に人形を収納できる機能的なものが人気だそうで、昨今の住宅事情などを反映してるなぁと実感。

昔我が家にあったような、どどーんと大きな七段飾りのものも会場入り口にありましたが、やはり置く場所がなかったり価格が高いなどの理由で最近はあまり売れないようです。

   

価格といえば、売れ筋は10万円から15万円くらいだそうです。

会場にはもっとお手軽な5万円前後のものや、ちょっと豪華な20万円台のものも多くありましたが、ほどほどの価格を選ぶあたりに日本人らしさを感じるというか、子供への愛情を感じるというか。

一生ものですしね。

よくテレビなどで紹介される、時世を反映した変わり雛などもあるのかなーと探してみましたが、どうやらこの展示会には無さそう。

一風変わった立ち姿の木目込ひな人形などはありましたが、来場者の流れなどを見ていても、やはり伝統的なひな人形が人気のようでした。

   

っで!

これだけずら~っとひな人形があると、あらやだっ、イケメンがちらほら!

せっかくなのでお内裏様のナイスなフェイスを激写して参りました!

え?

ひな人形の顔なんて大差ないって?

いやいやいや!

これが意外と個性的なんですよ奥さん!

ひな人形は顔が命ですからね!

   

どの顔もかわいかったりカッコよかったりで甲乙つけがたいのですが、皆さんならどの顔が好きでしょうか。

来場者の雰囲気では、年配の方にはスタンダードな細面のタイプが人気で、若い夫婦などには丸顔が人気なように見えました。

以上、ひな人形大展示会のリポートでした!

ひな人形って結構お高いのね!

(執筆・取材:あるかでぃあ)

■ 東玉
江戸嘉永5年(1852)創業。岩槻に総本店を構えるの老舗の日本の人形専門店。
URL:http://www.tougyoku.com/

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください